忍者ブログ

だるま

こむら返りの原因と対処法


こむら返りを経験したことのある人は分かりますよね。あの痛みがどれだけダメージを与えてkるか・・・。こむら返りが起こる原因を考えたことはあるでしょうか。うちはなかったので、なぜ起こるのか調べてみようと思います。AllAboutに載っていました。“痛い!快眠の敵・こむら返りの原因と対処法”というタイトルの記事です。睡眠医学では、「睡眠関連下肢こむら返り」と呼ばれているそうです。?!、経験者多いな。一般人の16%以上が経験していて、50歳代以上に至ってはほぼ全員が一度は経験。原因は、日中に脚の筋肉を使いすぎると、眠っている間にこむら返りを起こすことがあるそうです。
他には病気。神経や筋肉を傷める病気にかかるとこむら返りが起こりやすいとのこと。例→糖尿病、肝硬変、副甲状腺機能低下症、甲状腺機能低下症、関節炎、筋萎縮性側索硬化症、腰椎の病気、体液や電解質の異常など。アルコールの飲み過ぎもだめなようです。
ではこむら返りが起こった時はどうすればいいか。脚の筋肉を使い過ぎたと思ったら、眠る前に十分アキレス腱をストレッチング。丁寧にマッサージするだけでも違ってくるそうです^^。冬には、ぬるめのお風呂にゆっくり入る、湯たんぽなどで足元を温めたりすると予防になるそうです。寝方でも予防ができるようです。仰向けで思いかけ布団で寝ると足首が伸びてふくらはぎの筋肉が緩んでこむら返りが起きやすくなるため、横向きで寝たり、軽い布団に替えてみる。もしくは、マグネシウム、亜鉛、ビタミンEも効くことがあるようです。あとはツボ。
「承山」「承筋」というツボで、承山はアキレス腱の真ん中を膝の方に上がってきて、硬い腱が柔らかい筋に変わるところ。承筋はふくらはぎの筋肉の一番太いところの真ん中。この2つのツボは予防だけでなく、こむら返りの最中に押しても効くそうです^^。予防としてマグネシウム、亜鉛、ビタミンEも摂っておきたいですね^^。

催眠で前世を知るサービス
催眠前世

ゴミの片付け処理サービス、愛媛県
芥 片付け 愛媛県
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カテゴリー

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア